社団法人 いざなき会 定岡歯科医院

交通アクセス
診療時間
医療法人社団 いざなき会 定岡歯科医院ご予約・お問い合わせは0164-32-4118

がんや認知症も!?コワ〜い “男の更年期障害”

がんや認知症も!?コワ〜い “男の更年期障害”
がんや認知症も!?コワ〜い “男の更年期障害”2017年5月9日に放送されたNHKのクローズアップ現代という番組のテーマは、がんや認知症も!?コワーい “男の更年期障害” でした。

疲れがとれない、やる気がでない、イライラするといった症状に襲われる中高年の男性が今、増えていると番組は伝えています。
これらの症状は、男性ホルモン 「テストステロン」 の減少がもたらす 「更年期障害」 が疑われる症状だそうです。最新の研究では潜在患者は600万人。深刻なケースでは 「認知症」、「うつ」、「心臓病」などを引き起こすこともある現代病だということです。


がんや認知症も!?コワ〜い “男の更年期障害”テストステロンは、筋肉や骨をつくったり性機能を維持する働きがある、いわば男らしさを象徴するホルモンで、
これが減少すると筋力の低下、不眠、発汗性機能の低下などの不調をもたらします。
また認知機能にも関係しているため、テストステロンが減少すると、やる気が出ない、イライラするといった感情面でも影響が出てくると番組では解説 されていました。

順天堂大学医学部の堀江重郎教授は、仕事の過度なストレスはテストステロンの分泌にとって大敵だといっています。
「最近笑っていない」、「新聞が読めなくなった」、「よく眠れない」、「メタボ気味」 などは、男性ホルモン低下の典型的なサインとも言われているそうで、年のせいと放っておくと、症状が悪化してしまう場合があるとのことです。
堀江教授は番組の中でこう述べていました。


がんや認知症も!?コワ〜い “男の更年期障害”

配信 Willmake143