社団法人 いざなき会 定岡歯科医院

交通アクセス
診療時間
医療法人社団 いざなき会 定岡歯科医院ご予約・お問い合わせは0164-32-4118

グレーヘアを楽しむ

グレーヘアを楽しむ
グレーヘアを楽しむ白髪をあえて染めず、「グレーヘア」を楽しむ女性たちが増えていると2017年7月12日の朝日新聞が伝えていました。

5月末に、東京日本橋三越本店のカルチャーサロンで、グレーヘアに似合うファッションの講座が開かれた時に、スタイリストである講師の石田純子さ ん(61歳)は、「グレーヘアにしておしゃれしている人って、すてきですよね」 と切り出したそうです。
このファッションの講座はカルチャーサロンと主婦の友社が共同で企画したものです。
主婦の友社は、グレーヘアを楽しむパリの女性たちを紹介した写真集 「パリマダム グレイヘアスタイル」 や60代以上の日本人女性をモデルにした写真集 「OVER60 Street Snap」 を出版しています。
主婦の友社の編集者、依田邦代さん(58歳)は、「白髪を染めず、ありのままの自分を偽らずに生きたい」 という姿勢に共感する人も多いはずと思い、このファッション講座を企画したところ、予想を超える約60人からの申し込みがあったと述べていました。

ヘアサロンで14年の勤務経験がある資生堂のヘアメイクアップアーティスト高橋礼行さんも、白髪に対する女性の考え方の変化を感じていると新聞記 事には書いてありました。
高橋さんは、以前は 「白髪は恥ずかしい」 としっかり染め直す人が多かった。「今は白髪もファッションとして楽しもうという人が増えている。エイジングを隠すのではなく、楽しむ方向に変わってき た」 と分析しています。
白髪になると髪の質も変わり、一般的には 「つやがなくなってごわつく」 と感じる人が多くなるという。その場合はシャンプーとトリートメントを見直す。例えば 「ぱさついてつやが出ない」 と感じたら、トリートメント効果のしっかりしたものや、洗い流さないトリートメントを使うことを勧めています。
「自分の髪にはどんなシャンプーやトリートメントがあうのか、ヘアサロンで相談してみるといい。『悩み』 と捉えるより 『変化を楽しむ』 と考えてみてはどうでしょうか」 という高橋さんのコメントを新聞記事は紹介していました。


グレーヘアを楽しむ
週刊朝日の2017年6月30日号でも「白髪で美しくなる」 という記事を載せていて、
女優の中尾ミエさん(71歳)は、「白髪は、一生懸命生きてきた私達の勲章です」
と語っています。そして最後に中尾さんはこういっています。
白髪で大事なのは、とにかく艶。それには健康が大事だと思っています。
適度に体を動かし、バランスの良い食事と睡眠をしっかりとる。
私は週に3〜4回はジムで泳ぐほか、ストレッチや犬の散歩を
兼ねたランニングも毎日続けています。目標は、もう一度ブリッジ
ができるようになること。白髪に飽きたら?
そうね、次は丸刈りに挑戦してみたいって企んでいます。


配信 Willmake143