社団法人 いざなき会 定岡歯科医院

交通アクセス
診療時間
医療法人社団 いざなき会 定岡歯科医院ご予約・お問い合わせは0164-32-4118

血圧サージ

血圧サージ
血圧サージ今、大きく注目されている、血圧の急上昇現象 「血圧サージ」 を2017年10月29日のNHKスペシャルがとりあげていました。

健康診断では 「血圧が正常」 とされる人の中に、あるタイミングだけ、まるで高波のような血圧の急上昇(サージ)を起こしている人がいることが最近わかってきたそうです。
“血圧サージ” は1回起きたからといって何らかの病気になってしまうわけではありません。
しかし、血圧サージが長い期間にわたってひんぱんに繰り返されると、慢性的に血圧が高い、いわゆる 「高血圧」 の人より臓器や血管の老化が進み、脳卒中などのリスクが高くなる可能性も判明したと番組は伝えていました。
血圧は1日の中でゆるやかに変動しています。朝から日中にかけては、体を活動しやすくするために上昇、夜は休息のために低下します。


血圧サージこの変化を司る 「交感神経」 の働きが何らかの要因で異常になると、朝に必要以上に血圧が高まったり、休むべき夜に下がらなかったりしてしまいます。その結果、異常な乱高下が生み出さ れてしまうとのことです。
番組では、いま注目される血圧の改善法として、「ハンドグリップ法」を紹介していました。


血圧サージ全力の30%の力で何かを握ることにより血圧を改善する方法で、アメリカ心臓学会の運動療法などのガイドラインでも 「グレード2B(さらなるデータの蓄積が求められるが、恐らく推奨できる)」 と位置づけられている方法です。
番組で取材した専門家は、折りたたんだタオルを握ることで全力の20〜30%になることを突き止め、実際の高血圧患者への指導に活用しています。

配信 Willmake143